投稿

DEEP PURPLE Live in Japan / リッチー・ブラックモア サウンドの秘密 #1

イメージ
リッチー・ブラックモア。 ハードロック好きなら誰でも知ってるギター魔人です。


例によって、ここでは、彼のバイオグラフィー及びプレイスタイルはほぼスルーして、彼のサウンド、しかも、1972年に我が日本に於いて録音制作された「Deep Purple Live in Japan」時のサウンドのみにフォーカスした内容をお届けしようと思います。
というのは、世界中の彼を崇め奉るファンの間でも、このLive in Japanのサウンドは特別で、リッチーのキャリア最高のサウンド、の呼び声もあるほどです。
しかも、同時期のサウンドと比べてもかなり違うことから、長い間ファンの間でも謎とされてきました。 そこを徹底解明することこそ今回のテーマです。DEEP PURPLE のLive in Japanを初めて聞いたのは1974年、中三になったばかりの頃、14歳でした。実際のライブ開催は、1972年8月、アルバムリリースが12月でしたので、ほぼ、発売1年後に聞いたということになります。
当時は、東京発の情報が地方に届くまでにはかなりのタイムラグあったので、これくらいのズレは当然のことでしたし、私自身、まだほんの駆け出しのロックファンだったので、DEEP PURPLE自体、このアルバムが初体験でした。
同級生で、ギターが上手かったF君が、「学校帰りに絶対聞いていけ」と、普段は静かな彼がやたらと興奮して言うので、その日の放課後、彼の家で聞かせてもらったわけです。
二枚組のアルバムジャケットを眺めながら待ってると、オルガンのファンファーレのようなフレーズに続いて興奮した歓声とともにスネアがリズムを刻み、英語のMCが「Song Called Highway Star Year !!」その直後に入ったサウンド ! 
「ん? なんの音? 今の」私 「ギターさ」F君
そう、リッチー・ブラックモアが叩きつけるギターサウンドが初めて過ぎて凄過ぎて、何の音かさえ理解できなかったわけです。 Live in Japan 1972「 Highway Star」


そこからの数十分は、まさに夢の中にいるようでした。 音楽を聴いてあんなに興奮したのは後にも先にもないと思います。 何しろ、音楽のことは何も知らないできない少年に、固くバンドをやる(それもハードロックバンドを)決心させたわけですから。勿論、一切の裏付けもなくwww
(大げさに言うならば、L…

John Henry Bonham #5 最終回

イメージ
結構長くなってきたボンゾシリーズ。
それでもまだまだほんの上っ面ですが・・(^_^;)

サウンドとは、ミュージシャンとエンジニアとスタジオ、そしてプロデューサーと共に作り上げられる、と前回お話ししました。
その時説明した通り、Led Zeppelinの記念すべき第1作「Led Zeppelin I」は、プロデューサー=ジミー・ペイジ、エンジニア=グリン・ジョンズ、スタジオ=オリンピックスタジオ、というチームで作り上げたサウンドです。

ただ、この頃のジミー・ペイジは、ミュージャンとして、アレンジャーとしては既に長い経験もあり一流でしたが、サウンドプロデュースに関しては、まだまだ勉強中で、ほぼ、エンジニア任せだったと推察できます。(根拠は、読み進んでいただければわかると思います)

故に、その後、グリン・ジョンズとの間で、プロデュース権で揉めたのだと思います。
(グリン・ジョンズは、書籍等ではジミーのことを悪く言ったりすることはありませんが、実際は口も利きたくない間柄らしいwww)

といったことを踏まえつつ、私的には、ミュージシャンとしてもエンジニアとしても大きな影響を受けた名盤、2nd「Led Zeppelin II」からボンゾサウンドを紐解きます。

前作「Led Zeppelin I」では、全曲通じて、グリン・ジョンズによる、録音及びミキシングでしたが、今作では、全米ツアー中ということもあり、ロンドンだけでなくニューヨークでも複数のスタジオで録音され、エンジニアも複数担当しています。

それをまとめ上げたのは、ジミ・ヘンドリクス等で名を上げた、名匠、エディ・クレイマーです。

まずは、レコーディングを担当したのは、ロンドンのオリンピックスタジオにてジョージ・チキアンツによる「Whole Lotta Love」「What is and What Should Never be」の2曲、LAのミラー・サウンドにてクリス・ヒューストンによる「The Lemon Song」「Moby Dick」の2曲、ロンドンのモーガンスタジオにてアンディ・ジョンズ(グリン・ジョンズの実弟)による「Thank You」「Living Loving Maid」の2曲、ニューヨークのA&Rスタジオにてエディ・クレイマーによる「Heartbreaker」「Ramble On」「Brin it…

John Henry Bonham #4

イメージ
なかなか滞りがちのブログです。
いかんですな〜(反省)

さて、ボンゾ特集も4回目です。

今回は、いよいよ本丸、「レコーディング」から解剖するボンゾサウンドです。

かつて、バンドやアーティスト達のレコーディング方法なんて、すべてはあの分厚い防音ドアの向こう側に隠れていて、一切の情報なんてありませんでした。

たまにアーティストやミュージシャンのインタビューでサウンドに関する発言は、実に抽象的だったり、テキトーだったり、ウソだったり、編集者の単なる想像妄想だったりがほとんどで何の役にも立たないものばかりでした。

特に、Led Zepplinは、ジミー・ペイジによる情報統制が徹底していることで有名で、真実は、何もわからない、というのが実情でした。
レコードサウンドから想像するより手立てはなかったわけです。

しかし、ネット時代の到来や、関係者の高齢化によるものであろう「生きているうちに話とこう」みたいな心理状態も働くのか、これまで分厚いベールに覆われてきた様々な秘密が、書籍として、インタビュー記事として、ポロポロ出てくるようになりました。

決定的だったのは、全ての秘密を握る、リーダー、ジミー・ペイジによるロング・インタビューをも実現されたことが大きかったですね。

改めて言うのも何ですが、ロックやポップミュージックとは、作品の質と方向に責任を持つプロデューサー、演奏するミュージャン、そのサウンドを的確に捉えるエンジニア、それらの作業を支える、スタジオ空間と機材、これら全てのコンビネーションにより成立します。

ここでは、主に、ボンゾの各時代のサウンドを共に創出したエンジニアとスタジオ機器(主ににコンソール)に焦点を合わせて解説したいと思います。
「Led Zeppelin I」
わずか36時間で録音・ミックスされ、その後のRock Musicを永遠に変えた9曲入りのデビューアルバム。
エンジニアは、当時、ローリング・ストーンズ、ザ・フー、ザ・ビートルズ等を担当していた売れっ子エンジニア、グリン・ジョンズ。



グリン・ジョンズのドラム録音は、後に、グリン・ジョンズ メソッドと言われるようになるほど、業界の中でも、一つのスタイルとして認知されている録音方法です。

やり方は、たった3本のマイクを使用するシンプルこの上ないやり方。
彼自身の言葉では、このレコーディングの際に、初めて、この3本を使ってドラムをステレオ…

John Henry Bonham #3

イメージ
改めて言うことでもないですが、このボンゾシリーズ、あくまでもエンジニア視点でお話ししてます。

前回、同時代のライバルともいうべきドラマーたちが在籍したバンドのサウンドを紹介しました。
それらのサウンドを解析することで、より深くボンゾのサウンドを理解したいと思います。

そもそも私が考えるドラムとは、そのサウンド、演奏含めて以下のように位置づけています。

1. ドラムサウンドこそバンドサウンドの要 バンドの屋台骨を支え、転がしてゆくもの。それはリズムです。
そのリズムの中心にいるのがドラムです。
2. ロックにおいて、ドラムサウンドの核とはバスドラとスネア ロックやポップスとは、元々、白人が生み出したメロディとハーモニー、そして、黒人が生み出したリズムが融合して生まれたものです。
楽典的に言うならば、バスドラは、ほとんど場合、小節の一泊目に入ります。
一拍目とは、ロックやポップスにおいてリズムの要です。
この一伯目がバシッと決まることで、バンドは動きます。

かのファンクの帝王、ジェイムス・ブラウンがバンドに口すっぱく要求したThe One !こそ、この一拍目です。

「The One ! 一拍目が一番大事だ。ここだけは絶対外すんじゃねぇ。あとはどう遊んでもらってもOKだ !」

彼の言葉です。
これは、単に、リズムを合わせるだけでなく、そこにインパクトをもたせ、そこに続くフレーズとの抑揚でグルーヴを生み出す、という意味だと私は解釈しています。

そしてスネアは、ほとんどの場合二柏目と四拍目に入ります。
バックビートと言ったりしますね。
一拍目のバスドラに対して、どんなタイミングでスネアが入るのか ? このタイミングと後述するサウンド(音色)で、グルーヴが決まります。
3.グルーヴを左右するバスドラとスネアのサウンド(音色) ドラムは、大きさも多岐にわたり、材質も様々です。そして、各々ドラマーによってチューニングも違えば叩き方も違います。それら全部が合わさって彼らのサウンドになります。
例えば、ピッチ高く余韻が短いタイトなサウンドなら、ゴーストノートも転がって、よりファンキーで軽やかなグルーヴが似合います。逆に、低いピッチで、余韻も長いキックと、ピッチの高低問わず、余韻長く胴鳴りが深いスネアなら、よりヘヴィなロックビートが似合います。

よって、ドラムサウンドが楽曲やバンドのイメージ…

John Henry Bonham #2

イメージ
コロナなんちゅうとんでもない厄災に見舞われたりして、プログ更新もままならぬまま数ヶ月・・・

プログ自体のプラットフォームも、訳あってBloggerへ引っ越しました。

という訳で、ようやくJohn Henry Bonham #2です。

#1では、John Henry Bonham(以下ボンゾ)の使用したドラムセットを紹介しました。
彼のセットの特徴は、まずデカイ ! ということ。
バスドラムは、普通22インチですが、彼は26インチです。しかも、ノーミュート、ノーホール(フロントヘッドに穴なし)。

ただ、この時代のドラマーは実に様々で、どれが普通とは言い切れない部分もありますが・・・

ということで、今回は、彼のサウンドとは一体どんなものなのか? ということを実際のライブ音源から紐解いていきたいと思います。
物事を解明理解する方法として、同じようなものと比較するという方法があります。

つまり、同じ年代(ライブ録音に用いられた機材があまり違わない)、同じ条件(スタジオだとスタジオギミックがフルに活用できるためライブ音源の方が望ましい)、できるだけ似たような機材セットとジャンル(機材は当然ですが、ジャンルは演奏法という点においてという意味です)というように条件を揃えることで、逆により違いが浮き彫りになると考えました。

では早速、音源を並べてみましょう。
まずは、Deep Purpleでのイアン・ペイスです。
ボンゾとペイス、ほとんど同じセットながら、若干ペイスの方がさらにデカイ ! ! 
しかも、ペイスのバスドラもノーミュート、ノーホール !
https://ja.wikipedia.org/wiki/イアン・ペイス#1971年~1974年
バンド同士も同じようなハードロック系に括られがちですが、音楽性も対照的ならドラムスタイルも対照的です。
ここら辺が実に面白く素晴らしいですね。まさに個性の激突です。

※ただし、レコーディング時は、バスドラ22インチ1フロアの普通のセットを使用していたようです。
音源は、彼らの最高傑作とも呼び声もある、1973年の作品「Live in Japan(Maid in Japan)」より、Highway Star。



まぁ、全てのサウンドが素晴らしいですね。このサウンドの秘密を解明するのに、40年位かかりました。真実は実に意外でした。これはまた別つの機会に。

次は、Beck Boger…

John Henry Bonham #1

イメージ
ジョン・ヘンリー・ボーナム。
一応フルネームで紹介してみました。言うまでもなく、あのっ ! Led Zeppelinのドラマーにして、Rock史上最高のドラマー ! ! (俺談)
こんな呼称は、別に珍しいことではなく、もはや常識と言っても良いでしょう。なので、今回は、彼のグルーブだとか技術だとか、高速3連頭抜きワンバスがスゲェ〜とか提灯記事を書きたいわけではなく、エンジニアらしい切り口で、なぜ、彼こそRock史上最高なのか?! ということを数回に分けて紐解いてみたいと思います。
しかし、二回目にしてこんなこと書いて誰が読んでくれるとやろ?
しかも、俺ドラマーじゃねーし(爆)
という基本的な疑問は置いておくのが本ブログの趣旨であります!!

ということで、まず、彼が使っているドラムセットから。
キャリア全体では、主にシェル材違いによる4種類程度あるようですが、メーカーは全てラディック。

1969-1970 ラディック・ナチュラル・メイプル
      12×15ʺ タム
      16×16ʺ フロア・タム
      16×18ʺ フロア・タム
      14×26ʺ バスドラム
      6.5×14ʺ LM402スープラフォニック / スネア
      ヘッド = スネア/タム/バスドラ=レモ
      パイステ / ジャイアントビートシリーズ
      24・20・18・15×2

1970-1973 ラディック・グリーンスパークル
      10×14ʺ タム
      16×16ʺ フロア・タム
      16×18ʺ フロア・タム
      14×26ʺ バスドラム
      6.5×14ʺ LM402スープラフォニック / スネア
      パイステ / ジャイアントビートシリーズ
      24・20・18・15×2

1973-1975 ラディック・アンバー・ビスタライト
      10×14ʺ タム
      16×16ʺ フロア・タム
      16×18ʺ フロア・タム
      14×26ʺ バスドラム
      6.5×14ʺ LM402スープラフォニック / スネア
      パイステ / ジャイアントビートシリーズ
      24・20・18・15×2

1975-1980 ラディック・ステンレスス…

ホームページ、リニューアル完了!!!

イメージ
長いことかかったホームページのリニューアル。やっと完成しました。 思えば、昨年2019年の年賀状に書いた2019年の目標が、リニューアル、でした。年を跨いでしまいましたがようやくお披露目できます。
偏に、我が娘ちゃんのお陰です。誰に似たのか、女の子なのにやたらとこういうのに強く、以前から自らのダンススタジオのホームページを一から作ったり、一眼を使ったPVを制作していましたので、今回も、原稿を僕が作り、娘が仕上げてアップする、という行程で臨みました。
ところが、娘が日常使用しているAdobeのソフトが突如使用不可になり(Adobeの悪癖)、巷で噂の、Wordpressで制作することにしたわけです。
ところがこのWordpressが曲者、くせもの、クセモノ!、つーしろもんで、とにかく使い難い。本来、秋頃アップする予定だったのがこんなに長くかかってしまいました。しかし、よくやってくれました。さすが俺の娘 ! ということで、例によって、クセの強いホームページになってるやもしれませんが、どうか皆さま、今後ともエコーフィールドをよろしくお願い致します ! !
また、このブログでも、あんなことやこんなこと、なんやかんやとマニアックなネタを書いてゆく所存でございます。
どうぞ、ご興味のあるクセの強い皆様、お読みいただければ幸いです。