投稿

2月, 2020の投稿を表示しています

John Henry Bonham #1

イメージ
ジョン・ヘンリー・ボーナム。
一応フルネームで紹介してみました。言うまでもなく、あのっ ! Led Zeppelinのドラマーにして、Rock史上最高のドラマー ! ! (俺談)
こんな呼称は、別に珍しいことではなく、もはや常識と言っても良いでしょう。なので、今回は、彼のグルーブだとか技術だとか、高速3連頭抜きワンバスがスゲェ〜とか提灯記事を書きたいわけではなく、エンジニアらしい切り口で、なぜ、彼こそRock史上最高なのか?! ということを数回に分けて紐解いてみたいと思います。
しかし、二回目にしてこんなこと書いて誰が読んでくれるとやろ?
しかも、俺ドラマーじゃねーし(爆)
という基本的な疑問は置いておくのが本ブログの趣旨であります!!

ということで、まず、彼が使っているドラムセットから。
キャリア全体では、主にシェル材違いによる4種類程度あるようですが、メーカーは全てラディック。

1969-1970 ラディック・ナチュラル・メイプル
      12×15ʺ タム
      16×16ʺ フロア・タム
      16×18ʺ フロア・タム
      14×26ʺ バスドラム
      6.5×14ʺ LM402スープラフォニック / スネア
      ヘッド = スネア/タム/バスドラ=レモ
      パイステ / ジャイアントビートシリーズ
      24・20・18・15×2

1970-1973 ラディック・グリーンスパークル
      10×14ʺ タム
      16×16ʺ フロア・タム
      16×18ʺ フロア・タム
      14×26ʺ バスドラム
      6.5×14ʺ LM402スープラフォニック / スネア
      パイステ / ジャイアントビートシリーズ
      24・20・18・15×2

1973-1975 ラディック・アンバー・ビスタライト
      10×14ʺ タム
      16×16ʺ フロア・タム
      16×18ʺ フロア・タム
      14×26ʺ バスドラム
      6.5×14ʺ LM402スープラフォニック / スネア
      パイステ / ジャイアントビートシリーズ
      24・20・18・15×2

1975-1980 ラディック・ステンレスス…

ホームページ、リニューアル完了!!!

イメージ
長いことかかったホームページのリニューアル。やっと完成しました。 思えば、昨年2019年の年賀状に書いた2019年の目標が、リニューアル、でした。年を跨いでしまいましたがようやくお披露目できます。
偏に、我が娘ちゃんのお陰です。誰に似たのか、女の子なのにやたらとこういうのに強く、以前から自らのダンススタジオのホームページを一から作ったり、一眼を使ったPVを制作していましたので、今回も、原稿を僕が作り、娘が仕上げてアップする、という行程で臨みました。
ところが、娘が日常使用しているAdobeのソフトが突如使用不可になり(Adobeの悪癖)、巷で噂の、Wordpressで制作することにしたわけです。
ところがこのWordpressが曲者、くせもの、クセモノ!、つーしろもんで、とにかく使い難い。本来、秋頃アップする予定だったのがこんなに長くかかってしまいました。しかし、よくやってくれました。さすが俺の娘 ! ということで、例によって、クセの強いホームページになってるやもしれませんが、どうか皆さま、今後ともエコーフィールドをよろしくお願い致します ! !
また、このブログでも、あんなことやこんなこと、なんやかんやとマニアックなネタを書いてゆく所存でございます。
どうぞ、ご興味のあるクセの強い皆様、お読みいただければ幸いです。